Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2010,04,25

コールホール。

P1000912.jpg

最近少しずつ暖かい日もあって週末のゴルフ場は

“予約で一杯”

 

18ホールで“50組”を越えるとかなり途中のホールで何組か詰まる事もあります。特に

“難易度の高いショートホール”

 

他にも売店のあるショートホール等でも“大渋滞”する事もあるので少しでもプレーの流れを良くする為の策として

“コールホール”

 

これはショートホールでプレーしている組が全員グリーンにボールが乗ったら、マークをして後続の組に打たせるというものです。

 

あくまでも“ローカルルール”みたいなもので、実施しているのはゴルフ場によって様々ですが

“多くの組数が入るゴルフ場では常識的に行われる”

 

このシステムは日本だけでなく、世界の様々なゴルフ場で行われているものですから覚えておくと良いと思います。

 

写真のように“後続組に打たせる”という看板があったり、海外等では

“CALL HOLE(コールホール)”

 

意外と知らないゴルファーが多く、後続の組が打つ準備をしていても続けてプレーをしてホールアウトする組も少なくありません。

 

またそんな組が“スロープレー”の原因だったりする事もよくあります。

 

ゴルファーは常に自分の組が遅れて迷惑をかけていないか、周りに気を配る必要があります。もちろん楽しむ事が一番ですから

“マナーを守って楽しくプレーする”

 

マナーの良いゴルファーは周りからの見られ方も

“本来のレベル以上の上手いゴルファーに見える”

 

これは不思議な事に、当たり前のマナーを守っているゴルファーが“上級者”に見えたりします。

 

それは普段から上級者に気を付けてもらいたいのですが、一般的なゴルファーに“当たり前のマナー”を普及させる為にも

“模範になるプレー”

 

特別な行為はありません。例えば“ボールマークの修復や、バンカーならし等”出来れば“ディボット跡の目土”言ってしまえば沢山ありますが

“正しく言うと、ゴルファーに必要最低限のマナー”

 

これからのゴルフシーズンに向けて“カッコいいゴルファー”目指して頑張りましょう!!

 

 

[ニュース]

 

 ゴルフ新番組!!

TOKYO MXテレビ

“二木ゴルフ Presents ニッキゴルフ”

毎週土曜日
12:30〜13:00

出演 / 錦織 一清、パパイヤ鈴木、小野寺 誠 他

 

 4月からゴルフ番組が始まりました!! 視聴者にも毎週一緒に上手くなるレッスンコーナーもあります!!

ゴルフの楽しさ、面白さを伝えていきますのでよろしくお願いします!!
 
 

カテゴリー: マナー