Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2011,12,31

出国。

2011123110280000.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

昨日の打ち納めラウンド、練習で今年の仕事も終わって今日から

“海外に出国”

基本的には休みですが、現地では打ち合わせや知人の主催するコンペに参加したりと

“ゴルフのある休暇”

やはり休みとは言っても切り離せないのは、最近調子が良いので維持するためにも少し練習して

“体に良い感覚を残しておきたい”

毎年、年末年始は海外で過ごすので1年を始めるラウンドは暖かい場所でのプレーになるので

“体も動いて気持ち良くプレー出来る”

帰ってからプレーするのが寒過ぎて嫌になるくらいですが

“気候は選べないのがゴルフ”

様々な条件でも安定したゴルフをする事が上級者になるためには必要です。また帰ってからも

“仕事とゴルフの両立を目指して頑張る”

皆さんにとっても来年が良い年になるように心からお祈りします。来年はさらに皆さんのレベルアップのお手伝いが出来るように頑張りますので今後ともよろしくお願いします!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,12,31

打ち納めのラウンド。

DSC_0222.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日は年内最後のラウンドになります。場所は茨城県で、今週4回目のプレーになる

“やさと国際ゴルフ倶楽部”

回数が多いのは都心から1時間と近いのと、コースコンディションが良いので

“とても練習になる”

そして今回一緒にプレーするのは“PING”のツアーを担当している稲原さんです。さすがにプロのクラブ等をサポートしているだけあって

“かなりのアスリート”

スクラッチプレーヤーなので調子によっては接戦になる事もあるので

“今年の打ち納めはガチバトル”

風も強く、とても寒い1日でしたが楽しくプレーする事が出来ました。来年に向けたテーマも

“しっかりとイメージ”

もっと頑張ってレベルアップ目指して頑張りたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,12,30

PING・スコッツデール・ウルヴァリン−C。

P1000143.jpg P1000141.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今回紹介するのは最近評価の高いパターです。

“PING・スコッツデール・ウルヴァリン−C”

この“C”とはセンターシャフトの意味で、ヘッド形状はそのままで他にも2種類の違うネックがラインアップされていますが

“どのモデルもヘッド形状が良いので違和感なく、好みで選べる”

構えてみると、中心にあるラインはボールと同じ幅なので

“ボールとヘッドを目標に合わせやすいのとセンターにあるライン(その幅の中にさらに1本のライン)はショートパットに効果”

そしてこのスコッツデールシリーズのパターにはフェースに装着されている白いインサートが()

“感触がとても良く、タッチが出しやすいと評価の高いインサート”

プロや上級者に好まれる打感は柔らかさの中にもしっかりとしたボールの感触が残るので

“距離感を合わせやすい”

このフェースの装着された様々なモデルがありますが今回紹介している形状は

“ピンタイプ(フェース以外に直線の多い形状)と違って、ヘッド形状にスクエアなラインが少ない方が目標に対してシンプルに合わせやすい”

スクエアなラインの多い形状はラインを合わせるのにとても役に立ちますが

“ストロークでフェースの向きや軌道を意識し過ぎて距離感に重要なリズムが不安定になる可能性がある”

機械的にストロークするゴルファーには良いのですが感覚を大切にするゴルファーには調子の波が出やすいので

“スクエアなラインは少ない方がシンプルで方向を合わせやすく、リズムが安定して距離感も合わせやすい安定したパッティングが得られる”

またグリップは市販モデルと違うピンオリジナルの

“フィンガーロック”

手のひらにしっかりとフィットするので逆に手先の感覚を使いにくく、ストロークが安定するとても良いグリップです。そして

“ヘッドも通常よりも重めなので起動が安定”

パッティングに悩んでいるゴルファーには視覚的にも性能面でもかなり良いパターなのでおすすめです!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2011,12,29

ドレスコード。

P1000161.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

最近はとても寒い日が続いていますが今日もラウンドに来ているのは

“やさと国際ゴルフ倶楽部”

スタート時間は早くありませんが、冬だけに限らず怪我防止のために

“ゴルフ場に早く着いてウォームアップ、練習をしてからスタート”

また最近は冬でも暖かい薄手の機能的なウェアが増えたのでプレーする時も比較的着膨れせずにスイングしやすくなっていますが

“様々なウェアが出ているのでゴルフ場でもドレスコードが問題になっている”

それは以前と比べで派手なウェアが増えているのは良いのですが

“ゴルフウェアとは少し違った、相応しくない服装も目立つ”

これはゴルフ場によって制限も様々ですが

“ゴルファー各々のエチケット、マナーによって守られるレベル”

それでも最近はセルフプレーが増えた影響で知らないゴルファーも多くなっているのが現実です。個人的な意見としては

“やりすぎなゴルフ場のドレスコードよりも大衆化してきている事はとても良い事で、ある程度のマナーで守られていれば良い”

例えば襟のないシャツだったり、ジャージのような服装だとそのゴルフ場の品位が保たれなくなるので

“節度のある服装”

楽しくプレーするのはとても良い事です。エチケット、マナーを守ってさらなるレベルアップを目指して頑張りましょう!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,12,27

研修ラウンド。

DSC_0197.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日もプレーするのは茨城県のゴルフ場

“やさと国際ゴルフ倶楽部”

今回プレーするのはJGMグループでスイングパターンを計測してレッスンに役立てるための

“SPAS理論(スイングパターンアナライジングシステム)”

理論と合わせて各インストラクターが個別に会員にレッスンする訳ですがそのインストラクターの中でもヘッドプロとして

“木村プロ”

普段から一緒にプレーをして今後のレッスンに役立つ情報等の打ち合わせをしていますが、今回は他にもう1人のインストラクターとアマチュアの4人で

“研修ラウンド”

プレーをしながらアマチュアのスイングについて話し合いながら

“レッスン知識を高めるための研修”

木村プロの理論と合わせてレベルアップのためにさらにスイングの研究をするのが目的です。それと

“自分のスイングタイプを知る事もレベルアップにはとても重要”

今後のスイングについてもタイプを知らないで間違った練習をしてしまうと

“上達出来ない”

来年に向けてさらに頑張るためにも今日はとても勉強になるラウンドになりました!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,12,26

極寒。

DSC_0218.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

最近は寒波の影響で寒い毎日が続いていますが今日プレーするのは茨城県の

“やさと国際ゴルフ倶楽部”

知人と以前から予定していたラウンドは

“レッスンも兼ねた初めて一緒のプレー”

練習場で見ているだけではプレーとのギャップがある事も多いので

“最近はレッスンも練習場とコースと合わせる”

しかし今日は生憎の寒さで思ったようにプレーするのは難しいコンディションなのでちょっと大変だったと思いますが

“普段と違うスイングを見つける良い機会”

今後のレッスンのテーマを見つけるのにラウンドする事はとても役立ちます。

“素振りのように”

普段通りに練習の効果をラウンドで出せるようにする事がスコアアップのカギになるので

“ポイント探し”

寒い時期はスコアを意識し過ぎないでスイングの動きを丁寧にする事で

“暖かい時期までの準備期間として大切な季節”

さらなるレベルアップのためのお手伝いをもっとしていきたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,12,25

忘年ゴルフ。

DSC_0215.jpg DSC_0216.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日は今年も1年お世話になった知人とゴルフ場で

“忘年ゴルフ”

場所は栃木県のゴルフ場で日光宇都宮有料道路で“今市インター”を降りて数キロと近くの

“鬼怒川カントリークラブ(27ホール)”

よくゴルフ場を調べてみると、コースのタイプは河川敷となりますが実際は

“距離こそ長くはなくてもホールは松林にセパレートされた本格的なコース”

昔からプレーしていて飽きのこないゴルフ場は

“場所によって木々が狙いを遮るのでショットの正確性が問われる”

決して狭い訳ではありませんが、ティーショットのポジションやピン位置によってセカンドショットの難易度が変わるのと

“小さめで砲台気味のグリーンがさらにショットの正確性を試される”

今の時期になると天気によって朝はグリーンが凍っている場合もあるので

“さらに難しい”

そして今日は午後から雪の予報があったので心配でしたが無事に18ホールを終えて、またさらに

“もう9ホール”

さすがに夕方からは凄い寒さになって最後の9ホールは大変でしたが

“やっぱり楽しい”

今年も残すところ数日になりましたがラストスパートで頑張ります!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然