Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2011,10,31

打ち上げのティーショット。(レッスン第114弾)

P1000038.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

毎週月曜日はレッスンコラムです。今回はティーショットの考え方ですが状況としては

“打ち上げのホール”

アマチュアの多くはボールの落ちるエリアに打とうとして

“すくい打ちによるスイングから逆にボールがドロップして上がらずに、プッシュや上級者はチーピン等の様々なミス”

基本的にティーグラウンドが平坦なので打つエリアが打ち上げになっても

“打つ弾道の高さは変わらない”

これはゴルファーの感覚的な要素になりますが、弾道の高さのイメージは平坦な地面からになるので

“打ち上げの地面に合わせて普段の高さをイメージしてしまうためにスイングミスをしてしまう”

打つ場所が平坦であれば弾道の高さは変わらないので正しい角度でボールが打ち出されると視覚的には

“低く飛んでいるように錯覚してしまう”

ボールが地面と近い高さで飛んでいると低い弾道に感じますが実際には

“正しい角度による弾道”

打ち上げのティーショットはボールが地面に着地するのが早いのでどうしてもキャリーが少なくなりがちで飛距離が損なわれます。

“傾斜の度合いによっては高さの出る3番ウッドと変わらない場合もあるので上級者はフェアウェイウッドを使う場合もある”

技術的には普段通りのスイングが出来れば問題はありませんが、視覚的なミスの要素がほとんどなので意識としては

“打ち上げの地面にラインをイメージしておく”

スイングはすくい打ち等によるフィニッシュでの体重が右足に残らないようにするためのイメージとして

“振り幅を4対6の割合でフォローを大きく取るようにすれば体重も残らずしっかりと普段通りのフィニッシュが取れて正しい弾道を得られやすい”

ティーショットでのポイントは様々な傾斜によるエリアがあってもボールの高さを意識しないでフィニッシュを取るようにする事でミスが激減して安定したショットが打てるようになりますから

“普段の正しいスイングによる弾道の高さを認識しておく事と、フィニッシュを安定させる”

ゴルフは左右だけでなく、上下の意識を持つだけでもイメージのレベルアップに繋がりますから次回のラウンドから是非試してみてください!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: レッスン

2011,10,30

ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎。

DSC_0171.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日やって来たのは茨城県のゴルフ場

“ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎”

毎年お世話になっている会社のプロアマゴルフ大会で使わせていただいているゴルフ場で、コースの他に

“クラブハウス等の施設も充実しているので貸し切りコンペには最適”

プロはトーナメントで活躍している女子プロを各組に1人ずつ入って行われる形式なので

“楽しんでプレー出来る”

今回はプレーをしますが自分のゴルフと言うよりは下見を兼ねているので

“楽しんでもらうためにティーマークやピンの位置を決める”

コースレイアウトは距離が短く、ギャンブル性の高いゴルフ場なので

“コースマネージメントがスコアに直結する”

コースコンディションも良いので当日の天気だけが心配です。

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: ゴルフコース

2011,10,29

レッスンイベント。

DSC_0170.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今週土曜日はレッスンイベントで来ているのは

“JGMゴルフクラブ自由が丘サロン”

毎回熱心なゴルファーが予約をされていて、いつも時間をオーバーして

“ゴルフ談義”

レベルに関係なく、ゴルファーの悩みは皆さん同じで話をしていくと結局

“基本に戻る”

それはアドレスだったり、いまさら聞けないような基本を上級者が質問してきたりして

“いつも新鮮な気持ち”

ゴルファー各々にテーマを持って練習する事がレベルアップに欠かせません。しかしあまりレッスンを受けすぎても

“本来の自分の持っている感覚を残して上達する事がスイングには大切”

あまりにもイメージと違うスイングで良いボールを打ってもプレーしていると

“元に戻りやすい”

ですからレッスンをする時はそのゴルファーの特長をしっかりと理解してから

“良い動きになるように説明してからレッスン”

納得してもらってからレッスンする事で練習をするのも無駄なボールを打たずに済みますから

“打った分だけ上達”

毎週ではないので多くのゴルファーにレッスン出来ませんが、少しでも上達の役に立てるように頑張りたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,10,28

取材と環境。

DSC_0101_2.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日は雑誌の取材で訪れたゴルフ場は栃木県の

“宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部”

普段からお世話になっているゴルフ場は練習環境が良いので、コースを使って打たなくても

“練習施設にはマット打席の他に芝から打てるエリアもあるので撮影には最適”

今回は各メーカーさんの新しいアイアンを試打する企画でモデルも全部で26種類ありましたが

“各々のモデルに特長があってゴルファーのタイプで好みが分かれる”

それでも全てのクラブを打ってみて感じたのは

“最新技術で見た目よりもやさしく打てるモデルが非常に多かった”

朝から始めた取材もたくさんのボールを打ったので終わったのは午後になってしまいましたが取材後には

“ハーフラウンド”

日没ギリギリで間に合ってホールアウト出来ましたが楽しい1日になりました!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,10,27

練習環境。

DSC_0102.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

ゴルフ場によって練習環境は様々ですがこの

“宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部”

普段から雑誌やテレビの撮影で使わせていただいていますがゴルフ場の設計も

“帝王と呼ばれている、ジャック・ニクラウス”

コース全長こそ長くありませんが戦略性に富んでいるのとグリーンの起伏が各ホールの難易度を高めています。そして昨年にオープンした練習施設は

“280ヤードのドライビングレンジに最長で70ヤードのアプローチエリア”

グリーンが3面(砲台や段グリーン等)あって、バンカーや傾斜地等(アゴの高いバンカーやマウンド等)の様々な状況で

“プレー中によくある、本番を想定した様々な練習”

意外とアマチュアはアプローチ練習する機会が少ないですが

“パーオン率の少ないアマチュアこそアプローチの回数が上級者よりも多いので練習が必要”

結局スコアメイクに一番大切なのがアプローチやパッティングの出来に大きく関係していて、実際に

“スコアの半分以上は(一般的なアマチュアで約6割以上)ショートゲーム”

ですから滅多に練習する機会の少ないアプローチが出来るゴルフ場ではラウンドだけでなく

“プレー前後の時間に余裕を持たせてアプローチ練習する方が効果が高い”

レベルアップを体感しやすいアプローチこそスコアアップの原動力になりますから皆さんもラウンドとあわせて1日しっかりと練習してみてください!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,10,26

平川カントリークラブ。

DSC_0161.jpg DSC_0163.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日プレーに来たのは千葉県のゴルフ場

“平川カントリークラブ”

都心から1時間を切る近さは東金有料道路の“中野インター”を降りて2キロと便利な場所にあります。コースはレイアウトも良く、以前から

“隠れ名門としてコースの評価が高い”

現在ではコースのレイアウトや状態が良い事で知られていますが、以前よく来ていた頃よりもプレーしてみるとさらに

“コースも多少の改造がされてさらに難易度が高くなった印象”

いくつかのホールでは新しくティーグラウンドが出来て距離が伸びていたり、バンカーが増えて

“比較的やさしかったホールが難しくなって、コース全体のレベルが上がった”
状態が良いのでショットしやすかった事もゴルフ場選びの大切なポイントで

“気持ち良くプレー出来るゴルフ場はスコアに関係なく楽しめる”

また機会があれば挑戦したいゴルフ場です!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: ゴルフコース

2011,10,25

椿屋珈琲店。

P1000104.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

普段から利用している喫茶店は上野駅前にある

“椿屋珈琲店”

ここは取材や打ち合わせで利用する機会がとても多いのは

“落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごせる”

特に取材や打ち合わせでは長時間いる事が多いので過ごしやすい事がとても重要です。その点では

“椅子も座りやすいので疲れにくい”

一度でだいたい3時間、長い時では5時間を越える事もあるので

“相手と話していてもお互いに過ごしやすい店”

コーヒーの他に食事も美味しいので時間を気にせず過ごせるこの店は待ち合わせにも最適です!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然