Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2011,09,30

東松苑ゴルフ倶楽部。

DSC_0109.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日もラウンドでやって来たのは栃木県の

“東松苑ゴルフ倶楽部”

以前お世話になっていたゴルフ場ですが今回は久しぶりのプレーです。この時期には来年のツアーの出場順位を決める

“ツアー予選会”

そしてこのゴルフ場で今月の18日から2次予選が始まるので今回は

“練習ラウンド”

今まで数多くプレーしたゴルフ場でも改めてチェックするために必要なのが

“ヤーデージブック”

ツアーの選手達も毎週ヤーデージブックを持ち、練習ラウンドで距離やグリーン周り等の状態をチェックしてプレーしています。コースの特徴として

“アウトコースは距離がとても長いので難易度が高く、インコースは距離が短めでも戦略的なゴルフ場”

久しぶりにプレーしましたが先月に行われたチャレンジツアーのセッティングが若干残っていたので

“ラフに入るとボール探しも大変で、ショットするのも難しい”

やはり競技のセッティングになると普段からプレーしているゴルフ場も

“全く違うゴルフ場に”

グリーンのスピードや硬さも変わればコースは一気に難易度が変わり、スコアも伸びなくなります。本番までには数回予定している練習ラウンドで

“イメージ作りと調整をしっかり”

これからのラウンドや練習は気を抜かずに頑張りたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: ゴルフコース

2011,09,29

かさまロイヤルゴルフ倶楽部。

DSC_0103.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日ラウンドと打ち合わせで来たのは

“かさまロイヤルゴルフ倶楽部”

普段からラウンドやレッスンイベントで来ているゴルフ場は

“挑戦しがいのある難易度の高い27ホール”

朝から打ち合わせをして練習もせずに軽く素振りをしただけでスタートした今日のプレーは

“パーが少なく、バーディーとボギーの多い出入りの激しいゴルフ”

プレー後には栃木県の佐野市に移動して、以前お世話になっていたゴルフショップに知人と行く約束をしていました。そこは

“アンティックゴルフ”

プロゴルファーやトップアマチュアもクラブの調整をしに行くゴルフショップでとても有名です。そこのショップの

“川上さん”

クラブの調整は驚くほどの技術で特に

“アイアンのネック調整は天下一品”

アイアンセットでも番手によってバラツキがありますが川上さんに見てもらうと構えるだけでわかる

“ライ、ロフト角が変わらないのにスッキリとした顔に変わる”

1ミリ以内のネック調整の技術が上級者にも支持されている理由です。皆さんも一度足を運んでみてはいかがですか?クラブ調整だけでもスイングが良くなりますし、レベルアップが可能です!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: ゴルフコース

2011,09,28

宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部。

DSC_0101.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日は昔からの知人とラウンドを兼ねた練習で

“宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部”

練習施設も充実しているのでラウンドと合わせて1日フルに練習するのに最高のゴルフ場です。今回プレーする知人は

“クラブ選手権2連覇等の競技ゴルファー”

プレーするのは久しぶりですが最近調子が悪いという連絡をもらって今回のラウンドになりましたが実際にスイングを見ると

“スイングの体の動きがバラバラ”

ラウンド前の練習から始めたスイングチェックもラウンド後にはしっかりと

“体を使った力強いスイングイメージに”

かなりの練習をして(たくさんのボールを打って)終わったのは陽が暮れるギリギリの時間でしたが

“施設が充実していると1日しっかりと練習が出来るので満足”

これからは機会を見つけてレッスン会を行う予定なので宜しくお願いします!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: ゴルフコース

2011,09,27

フォーティーン・RM−11ウェッジ。

DSC_0040.jpg DSC_0041.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今回紹介するのは来月発売される話題のウェッジ

“フォーティーン・RM−11”

フォーティーンと言えば、ゴルファーなら誰もが知っている名器と呼ばれた

“MT−28”

抜群のスピン性能でプロだけでなく、多くのゴルファーが使っていたウェッジですが今ではルール改正によって

“溝の規制で現在は競技等で使用出来なくなった”

初期のウェッジが発売されてから数種類のモデルが出ていましたが今回のモデルのコンセプトは

“MT−28の後継版”

ルール適合ながらスピン性能も以前と変わらず

“抜けの良さとボールコントロールしやすさ”

様々な状況と距離を打ってみて感じたのは溝は適合ながらボールがフェースに乗る感覚が良い事で

“インパクトでボールにスピンが効いているのが感触でわかる”

ヘッドをよく見るとバックフェースの厚さに違いがあって、それは

“上部(トップブレード側)に厚みがある”

この厚さにスピンがかかる秘密があるそうです。フェース上部にクラブの重心があるので

“ウェッジのロフトからすると上部の厚みは結果として深重心になってボールを抑えられる事でスピンがかかる”

確かに溝は規制がかかっていてもフェアウェイならフェースの平面精度によってボールとの接地面が増えてスピンがかかりやすくなりますが今回は

“フェースの厚さで縦のクラブのギア効果をもたらしてくれるためにスピンがかかる”

それは普段自分の使っているウェッジと比べてもラフ等では圧倒的なスピン量です。距離もイメージ通りにしっかりと出るので

“使いやすい”

シャフトを選べばどんなゴルファーでも使えるモデルに仕上がっています。来月に発売されるのは通常のモデルとなる

“若干マットな感じのサテンメッキ”

他にも黒いヘッドのモデルも11月に1カ月遅れて発売されます。こちらは通常モデルよりも黒いので

“引き締まったフェースで上級者好み”

スピン性能の高いモデルはヘッド、シャフトとグリップを3つに分けると

“シャフトを重くしすぎないように注意する”

クラブの運動量を増やすためにはシャフトの重量がポイントになります。現在使用しているシャフトを参考にして選べばかなりの武器になる良いウェッジなのでおすすめします!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2011,09,26

練習の重要性。(レッスン第110弾)

P1000015.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今回のレッスンコラムは

“練習の重要性”

アマチュアはラウンドの回数に対して練習が少ない傾向にあります。多くは

“ラウンドの前日に練習をする程度”

前日の練習は比較的良くてもラウンド当日になると結果が悪くなる事がほとんどです。これは

“練習目的に違い”

久しぶりの練習で思ったような当たりが出るのは体力面で良い状態だけで技術面で良い訳はなく

“スイングのタイミングが偶然良かっただけの可能性が高い”

ラウンド前日だけ練習するゴルファーと、日頃から定期的に練習しているゴルファーとの違いは

“良い球筋を打つのか、良い動きを意識するかという大きな違い”

練習場で良いボールが打ててもコースで結果が出るとは限りません。そのためにも正しい体の動きを意識して練習する事の方が

“コースでも再現しやすく、結果も繋がりやすい”

特に練習場で必要なのは

“ショートアイアン等(ミドルアイアンまで)のスイング作りを徹底”

クラブの長さも中間よりも短めの方がスイング中の体の使い方やリズムを覚えるのに適していて

“体をしっかりと捻転させる事や、総重量の重めのクラブ(ショートアイアン)を振る事で手先ではなく体を使ったスイングがマスター出来る”

ドライバーだと総重量も軽く、シャフトも一番長いのでクラブ自体のスピードが速く出やすい分

“体はクラブのスピードを受け止める役割だけで体の使い方を覚えられない”

アマチュアの練習をみているとボールを多く打つクラブでレベルがわかります。それは極端で

“上級者ほど短いクラブだけを練習していて、アベレージゴルファーはドライバーを多く練習する”

スイングのパーツ作りとスイングのための体力作りにはショートアイアンの練習が最も効果的なので

“打つボールの約半分をアイアン練習、ウッド類を1割にしてアプローチ2割と残りは各クラブを軽めに打つ程度”

練習はやればやるほど結果に繋がるので無理に多くのボールをまとめて打つよりも練習場に行く回数を少し増やすだけで

“レベルアップは簡単に出来る”

これからの過ごしやすい季節はプレーもしやすいのでしっかりと練習もして次のラウンドに備えましょう!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: レッスン

2011,09,25

ボルボ。

DSC_0100.jpg DSC_0099.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

ゴルファーにとってゴルフ場に移動するために車は必要です。特に求められる多くの要素として

“長距離でも疲れないシートやゴルフバッグ等の収納スペース”

そして運転するための操作性以外に最も大切なのが

“安全性能”

追突防止装置やスリップ防止機能等の安全動力性能の他に、不測の事故等の時の安全策として

“シートベルトはもちろん、エアバッグや怪我を軽減させる装備”

そうした全ての部分でバランスの取れた車がスウェーデンの自動車メーカー

“ボルボ”

現在のほぼ全ての車両に付いている安全面に関しての装置はこのボルボ社がほとんど開発していて

“安全性能の向上が格段に進歩したのもボルボ社の開発力による功績が大きい”

車を利用する機会が多ければそれだけ運転に気を付ける必要性があり、あわせて快適な居住性がストレスのない運転を得られる事でこのボルボは

“ゴルファーにとってはバランスの良い車”

そしてドライブ等に大切なもう1つの定期的な点検等で車のコンディションを良い状態に保つのも

“不安のない走り”

こうして定期的なオイル交換のタイミングで車を点検してもらえば常に心配せずゴルフ場に向かう事が出来るのも

“ゴルファーに必要”

改めて車の点検をしてみてはいかがですか?快適な運転はゴルフプレーの助けにもなります!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然

2011,09,24

連日の大阪。

DSC_0096.jpg DSC_0098.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

昨日は初めての甲子園球場での野球観戦でしたが今日も続けての

“巨人対阪神戦”

ドームと違って屋根がないので天気が良いと陽ざしが強く、暑さがダイレクトにきます。これこそ

“野球観戦”

屋外でのスポーツ観戦等はやっぱり良い天気に限ると思いながらも

“ナイターと比べると直射日光が強くて大変”

それでも連日の野球観戦はとても楽しめたのと

“甲子園球場での熱狂的な阪神ファンに圧倒された”

夕方には試合も終わって、大阪に戻ってからは

“なんばで食事”

美味しいものが沢山ある大阪では1日で食べきれないほどの

“有名な美味しい食べ物”

普段からゴルフで来ていますがあまり食事にこだわっていなかったので今回は色々と食べてみて

“改めて大阪の食文化に感動した”

これだけ美味しい食べ物があったら毎日の食事に困る事はないんじゃないかと思いました。やっぱり

“大阪の良さ”

人間も下町のような人柄の良さと、気さくなお喋りでとても過ごしやすい場所だと改めて実感しました!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: 徒然