Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2010,01,31

打ち込み。

P1000717.jpg

暖かいタイで練習出来た効果を持続させるためにも

“打ち込み”

 

時期的にそんなにたくさんのボールを打つ訳ではありませんが、丁寧に一球一球スイングをチェックしながらの練習。

それでもだいたい200球くらいは打ちますが、フルショットは半分程度でドリルやショートアイアンが中心のメニューです。

それは体の“芯”を使って打つには長いクラブより短いクラブの方がスピードが出にくい為に

“体をしっかり動かしてスイングする”

 

長いクラブはクラブ自体にスピードがあるので体を動かさなくても、ヘッドスピードは適度に出ます。

これはクラブのエネルギー(スピード)が体のエネルギー(回転)よりも大きいので

“長いクラブはスピードが出るので体がそのスピードを受け止める役割をする”

 

この時期はトレーニングも兼ねて、体をしっかりと動かして“クラブを振る”事が大切です。

特にゴルフ場は芝が薄い状態なので、ショットが難しい状況ではボールにぶつけるだけの“手打ち”になります。

その為にもショートアイアンをしっかりと打ち込み、精度を高める事がシーズン前に必要です。

練習場等で“打ち放題”の設定があれば、全てをショートゲームに費やしたりしてから少しだけショット練習すると良いです。

明日から2月になりますが、ゴルフシーズンもあっという間に始まりますからゴルファーの皆さんもそろそろ準備しましょう!!

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

カテゴリー: 徒然

2010,01,30

試打レポート。(ナイキ・メソッドパター)

P1000787.jpg

今回の試打レポートは2月発売の話題となっているパター

“ナイキ・メソッドパター”

 

先週末に雑誌の取材で試打する機会がありました。(週刊ゴルフダイジェストのバック9という記事)

試打したモデルはピンタイプのものでしたが、まず構えた時の印象が

“とてもオーソドックスな形状で、スコッティー・キャメロンでいうならニューポート2タイプ”

 

全くクセのない形状なのでピンタイプを使っているゴルファーなら、違和感なく構えられると思います。

そしてこのモデルの特徴として“フェースの深い溝とポリマーの融合”ですが、実際に見てみるとかなり斬新なデザイン。

このフェースの性能面で“インパクト後すぐにボールが順回転になり、転がりが良い”という事で早速テストしてみました。

 

まずゴルファーに勘違いされているのが“順回転”とは言ってもボールにオーバースピンがかかる訳ではない事です。

基本的にボールはインパクト直後には地面と摩擦を起こした状態で飛び出してからボールの外周に沿って転がり始めるのが

“早く転がり始めれば順回転と呼ばれ、転がりの良いボールになる”

 

それはパッティングであっても、フェースとボールが衝突すれば一瞬でも“キャリー(ボールが無回転)”が出る事です。

この無回転が多い状態でボールが打ち出されると、摩擦係数が高くなり転がりが悪くなるので距離感が出にくくなってしまいます。

実際に1球転がしてみるとまず感じたのが“音がちょうど良い”。好みもありますが高すぎず、低すぎない音で距離感が合わせやすいと思いました。

一番大切な転がりですが、イメージとしては“フェースにボールが乗るイメージ”なので、ボールが地面に着地後すぐに回転が始まるように感じで

“滑らかな転がり”

 

ストロークしていて、打感と転がりの安定感はとても良かったです。レベルを問わず、ゴルファーのパッティングレベルを上げる2つの要素

“ラインと距離感”

 

この2つのうちの1つの距離感がとても重要なんですが、このパターはイメージを出しやすいのと形状でもラインを合わせやすいのでおすすめです。

昨日まで居たバンコクではすでに販売してましたが、日本発売はもう少し先のようです。

形状も5種類出るようなので好みを見つけてみてください。

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

 

カテゴリー: クラブ

2010,01,29

現実。

今日の朝に成田に着いて、午後からは普段通りのスケジュール。

“現実”

 

帰って来た日のスケジュールは“軽め”にすれば良かったと思いました。それは全く気温の違う場所でいきなりでは

“体が何かおかしい”

 

しかも今日のスケジュール全てが“打ち合わせ”なので、話し合うのがメインですから

“乾燥していて声が出にくい”

 

結局半日以上喋り続けていたせいか喉が痛くなって、夜には声が“ガラガラ”になってしまいました。

本当は、暖かい所で練習したので体が動くうちにゴルフに行きたかったのですが、今のところ予定は水曜日。

以前は早朝に“成田”に着く便なら、そのまま近くのゴルフ場に寄ってラウンドしていたくらいです。

それは冬でも体が暖かい所で振れるようになると、帰って来てからでもまだ振れているので

“プレーしやすい”

 

ボールが飛ぶ訳ではありませんが、体が動きやすいのは楽です。ただすぐに慣れてしまうと体は元に戻ってしまいますから、チャンスはたった1日から数日しかありません。

 

今回は残念ながらすぐにクラブは握れませんが、いつかは

“冬は暖かい所で練習”

 

そんな夢を抱きながら仕事にゴルフに頑張りたいと思います。

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

 

カテゴリー: 徒然

2010,01,28

空港から。

P1000786.jpg

今回のタイは期間が短かったせいか、かなり忙しいスケジュールでした。

滞在中は睡眠不足ぎみだったので、飛行機ではぐっすり眠れそうです。

しかも出発時刻は“23時50分”で、日本ではもう夜中の2時です。

 

このスワンナプーム空港は比較的新しい空港です。その広さはハンパではなく、端から端まで移動するにはかなりの時間がかかります。両端にマッサージの店があるのは

“歩き疲れるから”

 

理由は定かではありませんが、真ん中辺りのゲートだとマッサージに行く意味がないように思ってしまう程。

近辺にじっとしている方が一番良いと感じます。ただ、飛行機に乗る前のおすすめとして

“足裏マッサージ”

 

これは良いです。“疲れやむくみ”を取ってから飛行機に乗るとかなり楽です。足裏マッサージだけでも十分効果があるので是非お試しを!

 

日本に到着するのは定刻で早朝の7時半ですが、この時期の帰りの便は“フォローの風”が吹いているのか

“定刻よりも早く着く”

 

帰りが早いのはとても有難いし、着いてからのスケジュールを考えると少しでもゆっくり出来る方が

“余裕を持って仕事に集中出来るから効率が良い”

 

明日からはまた気持ちを新たに頑張ります!!

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

カテゴリー: 徒然

2010,01,28

締めのラウンド。

P1000784.jpg

今日も朝早くから来たのはアルパインゴルフクラブ。

初日もプレーしましたが、レイアウトとコースコンディションが良いので“締め”にはぴったりのゴルフ場です。

 

ただ少し心配なのが“グリーンのスピード”。一昨日プレーした時が早くなかったんです。

この2日間雨が降っていないので若干早くなっているのを期待して、パッティング練習なしでいきなりのスタートホール。

“軽い下りの1メートルのパーパット”

 

見た目の芝はきれいに仕上がっていたので期待して、自分のイメージだけでストロークすると

“届かずショート”

 

残念。。。前回とあまり変わらないスピードでした。ただグリーンの表面がきれいだったので、ボールの転がりは良くなったと思います。

 

今回はいつもより滞在日数が2日少ないので

“何か物足りない”

 

普段は体を気候に慣らしてから調整して、徐々にフルスイングで“締めのラウンド”をしてから日本に帰るというスケジュール。

今日のプレーはどちらかというと調整。帰ってもまた寒さの中のラウンドに戻ればすぐに体は

“冬スペック”

 

それでも今回のタイは、新しいテーマにしてから初めてだったのでホールのマネージメントに若干違いが出てきて

“だいぶイメージが出来てきている”

 

良い傾向だと気付けただけでも“大収穫”でした。

また日本に着いたその日からスケジュールが夜遅くまで一杯ですが

“全てに全力投球”

 

今回の出張でこれから頑張るためのエネルギーをもらいました。暖かいタイのゴルフ場に感謝!!!

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

カテゴリー: ゴルフコース

2010,01,28

エントランス。

P1000767.jpg

これは“フォーシーズンズホテル・バンコク”のエントランスです。

毎回来る度に様々な花で迎えてくれるので楽しみの1つでもありますし、その大きさには圧倒されます。

 

ホテルの部屋は使い勝手の良いサイズでありながら“ゆったり”とした広さで快適。それに宿泊回数が多いので

“ホテルスタッフに名前で呼んでもらえる”

 

海外のホテルで名前を覚えてもらって、会う度に

“挨拶と名前”

 

とても気分が良い事です。やはり一流と呼ばれるには訳がありますが、

“宿泊者の満足度”

 

一番大切な事だと思います。朝早くにゴルフに行って、帰って来たら寝るという繰り返しで部屋に居る時間が少なくても

“落ち着く”

 

どんな施設でもそうですがスタッフの対応が客の質を高める効果があります。まさにホテルはその典型的なケースです。

バンコクでは別のホテルに泊まったりもしますが、“ロビーやエントランス”の雰囲気でクラスが決まると言っても過言ではありません。

また来たくなるようなサービス、施設が最も“営業”としての価値があるのだと思います。

 

今日は最終日、最後のラウンド。張り切って行ってきます!!!

カテゴリー: 徒然

2010,01,27

ナバタニゴルフコース。

P1000779.jpg

今日のゴルフ場は以前にも紹介した

“ナバタニゴルフコース”

 

アジアで1975年に初めてワールドカップが開催されたゴルフ場としてタイでも有名です。

タイに来た時は必ず一度はプレーしますが“お気に入り”のレイアウトで、とてもいい練習になります。

 

距離こそ長くはなく、チャンピオンティーでも6900ヤードちょっとですが戦略性に富んでいて

“ゴルファーのタイプに関係なく、公平に楽しめるゴルフ場”

 

飛ばし屋にはリスクの高いショットを、安定しているゴルファーにも精度が求められるので

“18ホール全てに飽きる事がない”

 

ゴルフ場にとっては究極のテーマです。いつも行くゴルフ場がこのようなレイアウトなら上達する可能性は高いです。なぜなら

“プレーする毎にゴルファーに何が必要かゴルフ場が教えてくれる”

 

ゴルファーには初めた時からタイプがあって、飛距離なのか精度なのかを判断するのには

“自分のプレースタイルを理解する”

 

それは飛ばないゴルファーが飛ばし屋になろうとすると失敗するケースが多いですが、ミート率を上げて“平均飛距離を伸ばす等”の考え方を改めなければいけません。

そういった意味では毎回タイでこのゴルフ場をプレーする度に考えさせられ

“テーマという土産”

 

定期的に来てこのゴルフ場で判断しますが、日本に持ち帰る“土産”はかなり難しい事ばかりです。

明日もラウンドがありますが僕はこの“ナバタニゴルフコース”が一番大好きです!

 

 

[ニュース]

 

“2WAYドリルで上手くなれ”(エンターブレイン)

 1つの課題に2つのドリルで効果倍増!

詳しくはコチラ↓

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook/09401901.html

 

“ゴルフスコアアップメニュー200”(池田書店)

プレー中にも役立つメニューでスコアアップ。こちらもご覧ください!

詳しくはこちら↓

http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16329-1

カテゴリー: ゴルフコース