Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2014,10,31

ウェッジの重要性。

P1000907.jpg

最近は一気に冷え込む季節になりましたが、改めて被災地の1日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

プレーに一番良い季節は芝の状態も良いので

“気持ち良くショット出来る”

しかし、気持ち良くスイング出来ても結果がイメージ通りとはいかないのでグリーンを外してアプローチする機会もあります。そこで大切なのが

“ウェッジの重要性”

フェアウェイからのショットやグリーン周り、ラフやバンカー等の様々なライから使用するウェッジは

“どの状況からでも成功確率の高いアプローチが打てるのが絶対条件”

特にウェッジ選びで大切なのは、苦手な部分からのアプローチでミスしにくいウェッジを選ぶ事と

“打ちやすさにプラスして、やさしいイメージのウェッジを使うとプレーでのストレスが軽減”

ウェッジはやさしいモデルを使う方がミスのイメージもなくなり、ターゲットに意識を集中出来るので結果も良くなります。写真の

“PING・EYE2 XGウェッジ”

1982年に発売されてからルール変更に伴い、適合モデルとしていまだに人気のあるウェッジは世界でもまだ一流選手が使用する

“伝説の名器として、過去にも数々のトーナメントを制したウェッジ”

構えた時の印象は独特ですが、この顔がEYE2の特徴となっているのと

“ソール形状も独特で、どんなライからでも抜けの良いウェッジ”

フェアウェイはもちろん、ラフやバンカーからでもテクニックを必要とせず

“楽に脱出、打ちやすい”

アメリカに居た時代にも使っていましたが、昨年からまた使い始めて

“ライを選ばない抜けの良さは改めてウェッジとしての性能の高さを感じる”

最近はなかなか自分自身の練習も少なくなっていますが、時間が少しでもあればウェッジの練習だけでも

“スイング調整には十分”

長いクラブで練習するよりも短いクラブ、特にアプローチ練習がスイングを調整するのに

“小さい動きの方がチェックするのに手先を使えないので一番わかりやすい”

ショットが良くても、アプローチ等のショートゲームが悪い時はやはりスコアメイクは難しいので

“ショートゲームのレベルアップでショットのストレスを軽減させれば、スイングも安定する”

これからライも薄くなってくる冬を迎える前のこの時期だからこそ、アプローチのレベルアップの為にウェッジ選びを今一度考えてみてはいかがですか?

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2014,08,28

UW。

P1000866.jpg

まだまだ暑い日もありますが、改めて被災地の1日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日は雨の予報が心配の1日で来ているのは茨城県のゴルフ場

“美浦ゴルフ倶楽部”

先月末に高校時代のゴルフ部のコンペでプレーした時に驚いたのが

“フェアウェイのコンディションが抜群”

最近プレーしたゴルフ場の中でも最高の仕上がりですが、その理由の1つに11月に行われる男子のトーナメントがあるので

“整備もしっかりと出来ているので自分自身のアイアンショットのチェックにも良い”

来月に発売されるPINGのG30シリーズも使い始めて1ヶ月になりますが、今回のシリーズの中で

“UW”

一般的にはアプローチウェッジになりますが、PINGでは幅広い用途のウェッジとして

“ショットやアプローチでも使い勝手の良い、構えやすいシンプルな形状”

最近はサンドウェッジをEYE2にしたので構えた時の繋がりを考えて安心感のある少し大きめのヘッドにして使ってみると

“打ちやすいのと、テクニックを必要とせずにシンプルなアプローチが出来る”

アイアンセットのウェッジを使わずに替えてしまうゴルファーも多いですが、PINGのアイアンセットのウェッジは

“そのまま使っても十分なだけの性能”

距離の打ち分けや、グリーン周りのタッチも出しやすいのでウェッジだけでもオススメ出来ます!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2014,01,31

PING・KARSTEN TR・ZING。

P1000676.jpg P1000675.jpg

少しずつ厳しい寒さになってきていますが、改めて被災地の一日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今回はもうすぐ発売される話題のパターを紹介します。契約しているメーカーのPINGと言えば、言わずと知れた

“パターの代名詞となっているメーカー”

そのPINGで、今人気のモデルのスコッツデールTRとは違った、新しいモデルが

“KARSTEN TR”

以前のモデルと同じTR溝はエネルギー効率が安定しているのが特徴ですが、一番の違いは

“フェースに直接、溝の加工が施されている点”

今までのスコッツデールはインサートに溝の加工が施されていたので、今回のモデルとはっきり違いが出るのが

“打感がしっかりと手のひらに伝わってくる”

ヘッド素材に直接溝が彫られているとインパクトでの感触は柔らかいのと、音も高くなく気持ち良くストローク出来ます。この感触と音はパッティングにとても重要で

“距離感もイメージしやすく、ラインにタッチを合わせやすい”

またヘッドのカラーも最近のパターの中では珍しく、PINGの原点とも言えるような

“カッパーブロンズ”

写真でみてもわかるように、とても落ち着いたカラーはアドレスでラインに対して合わせやすいメリットもあります。今回紹介したモデルのZINGの他に

“アンサーを含めて、全部で5種類”

特に、モデルの中には懐かしいPALもラインナップされているのでゴルファーを選ばず

“シンプルなヘッドと最新のテクノロジーの両立されたパター”

発売は2月21日を予定しているので、あと3週間ありますが

“これからのレベルアップに役立つパター”

おすすめの1本は構えた時のフィーリングで決めても、最新のTR溝でパッティングレベルが劇的に向上するので皆さんに是非おすすめします!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2014,01,21

iとSのアイアン比較。

P1000666_2.jpg P1000639.jpg

少しずつ厳しい寒さになってきていますが、改めて被災地の一日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

昨年末から新しいクラブを使っていますが、毎回新しいモデルが出る度に道具の進化を感じます。特に今まで愛用していたi20から進化した

“i25シリーズ(2月21日発売)”

ウッドからアイアンまで、全てのクラブがラインナップされていますが昨年末から使っているアイアンの

“S55”

こちらのアイアンも世界で活躍している契約選手の多くが使っている、名器と呼ばれているアイアンの後継モデルです。このアイアンと、これから発売されるi25シリーズのアイアンを同じ状況で

“打ち比べ”

まず、構えた時のイメージになりますが、iとSの違いは

“両方ともターゲットに合わせやすいシンプルな形状ですが、Sはマッスルバックのような印象で、iはスッキリした安心感のある打ちやすい印象”

シャフトはずっと同じモデルのムジーク社製バンブーを使っているので、ヘッドの違いを感じやすく、実際に打ってみると

“Sは見た目通りに強い弾道が打ちやすく、操作性も良いのと、iはシンプルな形状なので打ちやすさと、ボールが上がりやすく強い弾道が打てる”

Sはヘッドスピードが速く、ボールが上がり、弾道をコントロールしたいゴルファーに向いていて、iはヘッドスピードを選ばず、打ちやすさとインパクトの感触や音にこだわるゴルファーに向いているので

“ゴルファーの求める弾道によって選び方も様々”

また、PINGの特徴でもあるフィッティングシステムでゴルファー各々に合ったクラブを使う事でも

“スイング、インパクトが安定してショット確率が数段上がる”

ヘッドスピードも様々なので、好みのヘッドに対してシャフトを選ぶ事でも打ちやすさが変わって

“イメージ以上の打ちやすさが得られる”

iシリーズは来月発売になるので新しくクラブを替えようと考えているゴルファーも試打をして、ぴったりのアイアンを使えば

“クラブだけでレベルアップを実感出来る”

ショップ等で試打する時には是非、自分に合ったクラブのスペックを知るためにフィッティングする事をおすすめします!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2014,01,18

PING・i25アイアン。

P1000666.jpg

少しずつ厳しい寒さになってきていますが、改めて被災地の一日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日も早朝から所属コースで仕事をして、昼前から新しいアイアンのテストのために練習をしました。新しいクラブは良い感触で

“即戦力とわかる手応えはすぐにラウンドで使える性能”

まだ発売はしていませんが(2月22日発売予定)新しいシリーズの

“PING・i25”

アイアンだけでなく、ウッドも構えやすく方向を合わせやすいシャープな顔は

“イメージ通りの弾道が打ちやすい”

特にアイアンに関してはラインを出しやすいのと、インパクトの感触と合わせて音が重要で

“迫力のある、ボールの芯まで届いた乾いた音”

打っていて、感触がよいとスイングも良くなるので

“リズムが安定してショット確率も上がる”

以前のi20よりも顔はスッキリしてシャープなイメージなのも構えやすい部分の1つです。くせのない形状は

“アドレスをシンプルにしてくれる”

スイングの基本とも言える正しいアドレスの再現性が大切で、クラブによっても大きく左右されやすいので構えた時の印象も

“スクエアに構えやすく、振りやすいモデル”

このi25シリーズは良いショットのために必要なクラブのポイントが数多くあるのと

“PING独自のフィッティングでさらにぴったりのクラブに”

もう少しで発売されるので皆さんにも是非おすすめのクラブです!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2013,10,17

PING・スコッツデールTR・アンサーT。

DSC_0566.jpg

少しずつ暑さも和らいで秋が近づいていますが、改めて被災地の1日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今月の始めに新たに追加モデルとして加わった、PINGのスコッツデールTRのニューモデルは

“アンサーT”

アンサーと呼ばれているモデルは当然、PINGの代名詞と言っても過言ではないシンプルな形状に

“サイトラインと呼ばれるアライメントしやすい線が立体的になって、さらにターゲットに合わせやすくなった”

構えてみると、通常のサイトラインと比べて

“トップブレードの高さから後方に伸びる線はラインを合わせやすい”

進化したアンサーの形状はTR溝との相乗効果で転がりも安定するので

“ラインとタッチが合わせやすくなってカップインの確率が上がるのと、3パットを激減させる”

パッティングの方向性に悩んでいるゴルファーにはおすすめの1本です!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ

2013,08,19

ミズノ・MPボール( S)。

P1000556.jpg

暑い日が続いていますが、改めて被災地の1日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今年から使っているボールはスピン系の中でもカバーの柔らかい

“ミズノ・MP(S)”

外側のウレタンカバーの厚い、とても柔らかいボールですが驚くのは

“爪でも痕が付くほどの表面の柔らかさ”

これは、感触が柔らかいのでショートゲーム等での距離感を出しやすいのと

“パッティングでインパクトの柔らかさが静かな音に関係していて、ストロークを安定させやすい”

最近のスピン系のボールはスピン性能と飛距離を両立させたモデルが多く、どうしてもインパクトで硬く、音も高く感じる傾向が強いのでパター選びも

“フェース面に樹脂等の異素材を組み合わせる事で音や打感を向上させている”

しかしパッティングでのエネルギー効率からすると、ボールの硬さを吸収させるための柔らかいフェース素材は転がる量が若干少なくなるのでストローク幅が大きくなるのと

“ヒッティングが強くなる傾向になってしまい、軌道が不安定になる恐れ”

しっかりと打てる分、ストロークが緩まなくなるというメリットもありますが、ボールが柔らかければ通常のフェース面のパターでもしっかり打てるので

“同じような効果でも、転がりは良くなる”

そして最も大切な飛距離に関しては、柔らかくても硬いボールと比べて飛距離性能も変わらないので

“飛んで止まる、柔らかいボールはスコアアップの武器になる”

意外と知られていないミズノ社製のボールはレベルアップを目指すゴルファーには最高のボールです、是非試してみてください!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: クラブ