Welcome to “Makoto Note” produced by Makoto Onodera -小野寺誠-

2014,04,28

マナー。

P1000464.jpg

少しずつ暖かい日も増えてきていますが、被災地の一日も早い復旧、復興と被害に遭われた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

最近、ゴルファーのマナーが低下している事がゴルフ場で問題になっています。プレー中のマナーの他にもドレスコードや特に

“練習グリーン周りで、アプローチ禁止区域からの練習行為が目立つ”

なかなかアプローチを練習する機会の少ないアマチュアゴルファーにとっては大切ですが

“禁止区域からの練習はマナー違反”

所属コースでは練習施設にアプローチエリアがあるだけに、練習グリーンからのアプローチは

“絶対禁止”

それでもマナーを守らないゴルファーが増えてきているのも

“セルフプレーが増えてきてエチケット、マナーを守らないゴルファーも徐々に増える”

今さら当たり前のマナーも教えないといけない今だからこそ

“改めてルールブックを読む必要がある”

これからも技術のレベルアップだけでなく、ルール、マナーを守って楽しくラウンドが出来るようにお手伝いをしていきたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載していたレッスンコラムがリニューアルされたのは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアの参考になる、プロゴルファーのスイングから学ぶ

“スイングの肝”

それは一流プロゴルファーのスイング中の1コマをアマチュアのために細かく、ナイスショットする為に必要な動きやイメージを解説します。

プロゴルファーの何気ない1カットの写真でもアマチュアゴルファーだからこそスイングの肝になる事が多く、参考にする事でスイング上達に役立つコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2013,01,22

マナー。

P1000377.jpg

少しずつ寒さが厳しくなってきていますが被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

ゴルフは昔からルールブックにも始めから書かれているように

“エチケット、マナーのスポーツ”

実際にプレー中でも今更ながら当たり前のマナーがありますが、最近になって乗用カート等のセルフプレーが増えて

“マナーの低下が問題視されている”

それは代々受け継がれてきていたゴルフ歴の長い、先輩ゴルファーからの助言も少なくなってきているからだと言われています。一番大切なマナーとしては

“他のプレーヤーの邪魔をしない”

話したり、音をたてたりする行為はマナー違反です。また、動いたりして視界の邪魔になるような事もしてはいけません。それは

“普段からプレーを一緒に楽しむ仲間であっても”

本当にプレーを楽しむためにも適度なマナーを守ればもっと楽しく、上手くプレー出来ます!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2012,04,11

マナー。

P1000221.jpg

まだ寒さ厳しい毎日が続いていますが被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

昨日の夕方から大阪に来て、今日早朝からプレーするのは調子のバロメーターになるゴルフ場

“北六甲カントリークラブ東コース”

思ったよりも早くコースに着いたのでキャディーバックを整理していると

“インフォメーションボードに関西ゴルフ連盟のポスター”

よく読んでみると、そこに書いてあったのは

“マナーについて”

プレーヤーの打つライン上に立ってはいけないとか、影にも気を付ける等の

“今更ながら当たり前で、ゴルファーとして最低限のマナー”

昔と違って、キャディーさんやマナーの厳しい先輩ゴルファーのいないセルフでのプレーを覚えたゴルファーも約20年も経てば

“知らないうちに先輩ゴルファーになるので、正しい知識を覚えないまま後輩に引き継がれてしまう”

今まででは考えられないようなゴルファーが多く見られるのもそのせいです。たとえ競技に出なくても

“一度はルールブックに目を通すべき”

読むとわかるのは一番始めに書いてあるのは

“エチケット、マナー”

改めてマナーを正す事がゴルファーのレベルアップの特効薬だと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2011,08,21

マナー。

P1000052.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

最近涼しい日が続いているのでプレーもしやすくなっています。週末になると

“予約から多くのゴルファーがエントリーしているせいか、ゴルフ場は一杯”

早朝ならまだゴルファーも少ないのでスタート時間も遅れる事はありませんが

“9時過ぎになるとスタート時間も徐々に遅れ気味になってくる”

するとスタートホールには待っているゴルファーが増えてしまって

“数組の渋滞”

順番がきてもスタートホール近辺のゴルファーが多いので

“ちょっとしたトーナメントのようなギャラリー並みの雰囲気”

しかしトーナメントならギャラリーはショットする時は静かにするのが理解出来ているのに

“自分達がプレーで待っているスタートホールでは他のプレーヤーがショットする時に気を付けない”

スタート前にテンションが上がってしまうのは仕方がありませんがトーナメント等で静かにするのがゴルファーとして理解出来ているならもう少し

“他のプレーヤーに配慮するべき”

昔は当たり前だったマナーも今では写真のように立札をティーグランドに置かなければならなくなった状況に改めて

“マナーについて考える”

全てのゴルファーが気持ち良くプレー出来るようにするためには

“最低限のマナーを守って楽しくプレー”

本当に最近ではゴルファーも増えてきて有難い事なのですが練習から始まり、ゴルフ場に出る時は

“ルールブックの第1章にあるエチケット、マナーだけでも読む”

技術はなくてもマナーさえ守っていれば立派なゴルファーになれますから改めて全てのゴルファーにルールブックを読んでもらいたいと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載されているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアに最も参考になるプロゴルファーの

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーがショットをする前の一連の同じ動作を繰り返す事がナイスショットする為の必要なエッセンスとして数多く存在します。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーだからこそ参考になるものがとても多く、真似してもらうだけでも上達出来るというコーナーです。

今が旬な(国内外問わず)プロゴルファーを毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2011,07,07

エアシューズクリーナー。

P1001645.jpg P1001653.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今回は以前から気になっていたマナーの問題で、よく話題になるラウンド後にシューズの汚れを取る

“エアシューズクリーナー(エアと呼ばれていて正式名称は定かではありませんが)”

勢いのあるエアが靴に付いている芝や泥を取り除くのにとても便利です。クラブハウスに入る時は必ず汚れを落としてから入るのは誰もが知っていますが

“周りを気にせず使っているゴルファーが多い”

このクリーナーは様々な用途で使う事が出来ます。キャディーバッグからクラブを出してバッグ内のゴミを取り除いたり、花粉やホコリを取り除ける他に

“シューズもファッション化が進んでいるせいで、最近では靴底までエアで掃除するようになった”

ところが靴底を掃除するのにはどうしても体勢が悪くなるので靴が横向きになりやすいせいか、近くにいる方にゴミ等がはねてしまう事が問題になっていて以前にも

“気にしていないゴルファーに泥を付けられた時もその事に全く気付かないで立ち去った”

写真は一般的なゴルフ場に多いのが1枚目の写真で、まだ少ないですが2枚目の方が1つずつ区切られているので隣のゴルファーを気にしなくても良いので今後増やして欲しいと願うばかりです。それは

“どうしてもエアを向ける方向に困って、人が多い時を避けて使う”

それでも周りを気にせずに使っているゴルファーが多くいますが、それはプレーでも同じように

“他のゴルファーに迷惑をかけてしまう傾向が強い”

ゴルフは4人1組でプレーするのでエチケット、マナーを守らないと場の雰囲気を乱すばかりか

“スコアアップの妨げ”

ちょっとした気遣いも同伴しているゴルファーが気持ち良くプレー出来るためには欠かせないので

“最低限のマナーを守って楽しくプレー”

ちょっとした気持ちでプレーも劇的に変わります。次回のラウンドから是非とも心がけていただければと思います!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載しているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアゴルファーに是非真似してもらいたい、様々なプロゴルファーの打つ前の動作を紹介している

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーの打つ前の一連の動作や仕草等、毎ショット同じ動作を繰り返す事で毎回ナイスショットを打つ為のコツを紹介するコーナーです。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーの方々には特に効果の高いものばかりを集めています。

“真似をするだけでもショットの成功確率が上がり、落ち着いてプレー出来る”

これからも国内外の多くの男女のプロゴルファーを(話題の選手以外にも参考になるなら誰でも)毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2011,06,15

発展途上のマナー。

P1001587.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

先日の空港のラウンジでの事ですが

“マナーの低下”

それは公共の場では当たり前の事なのですが

“携帯電話の使用”

使用禁止の看板があるにも関わらず、ビジネスマンのラウンジでの使用が目立ちます。ほとんどの方は

“携帯電話を使用できるスペースで通話”

ところが少ない人達によって、気にもせず大声で喋るマナーの悪い人は

“使用禁止の看板の目の前にしてもずっと話していて、周りの人の目も気にせず長電話する”

ラウンジは出発前にゆっくりと寛ぐ場所なのに仕事の電話をするのは

“最低な行為”

電話できる場所が無い訳ではないので周りに迷惑をかけないように考えれば

“最低限のマナー”

これから様々な場所でも気を付けたいですがゴルフ場でも“マナーの低下”が問題になっているので少しずつ注意したいのと自らも気を付けたいです!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載しているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアゴルファーに是非真似してもらいたい、様々なプロゴルファーの打つ前の動作を紹介している

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーの打つ前の一連の動作や仕草等、毎ショット同じ動作を繰り返す事で毎回ナイスショットを打つ為のコツを紹介するコーナーです。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーの方々には特に効果の高いものばかりを集めています。

“真似をするだけでもショットの成功確率が上がり、落ち着いてプレー出来る”

これからも国内外の多くの男女のプロゴルファーを(話題の選手以外にも参考になるなら誰でも)毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー

2011,06,07

ゴルファー失格。

P1001580.jpg

被災地の1日も早い復旧、復興と被害にあわれた方々の健康を心よりお祈り申し上げます。

今日ラウンドに来たのはホームコースの

“北六甲カントリー倶楽部(東コース)”

スタート時間はいつも通りのトップで7時30分。普段からシングルの知人と2人でプレーするので前半の9ホールはだいたい

“1時間15分前後”

後半は新たにスタートするゴルファーの間にまたスタート時間を入れてもらってプレーするとお昼前にはラウンドを終了出来ます。

“ラウンド後には練習も出来て効率の良い1日”

普段からキャディーマスターには良くしていただいて毎回とても有難いです。しかし最近気になるのは

“マナーの低下”

現在はセルフプレーが大半を占めるようになってきているせいか

“マナーをキャディーさんや先輩ゴルファーから教わる機会がなくなり、さらにそのゴルファーがまた若手を連れてゴルフ場へ”

以前と比べてコース内での事故も増えています。今日に限らず、隣接しているホールで大声を出しているゴルファーや

“隣のホールに打ち込んでも声もかけず、平気で入って来て隣ホールのゴルファーのプレーを邪魔する等”

エチケット、マナーの低下は年々酷くなる一方で、特に最近は年輩ゴルファーの悪質化が目立ちます。今日遭遇した事は今までのゴルフ人生の中でも本当に驚きました。

“ゴルファー失格”

それはグリーンでパッティングしていると隣からグリーンサイドのすぐ近くのバンカーにボールが声もかけずに飛んできたまでは最近よくありますが今回はそこからの行動です。その年輩ゴルファーは

“挨拶もせずに近くのバンカーに高い場所から下りて入って、ボールを拾い上げて無造作にラフにボールをおいて勝手に打ってミスをしてから続けて打っても待っていた僕らに声もかけずに去っていった”

ちょうどパッティングの番だった僕は唖然として暫く理解できませんでした。なぜなら

“バンカーはならされずに深い足跡がたくさん残り、隣から来てこちらのプレーを中断させているにもかかわらす声もかけない”

後続組に声をかけてそのバンカーの足跡を2人で直しました。あまりの出来事に怒りを通り越えて

“がっかり”

自分の父親以上の年輩のその行動に失望したのと

“そういったマナーを覚えないままゴルフをしている方々が増えている事に改めて正しいエチケット、マナーの勉強をしてもらう”

今さらかとは思いますがゴルファーの皆さんは毎年発行されている

“ルールブック”

始めの第一章にエチケット、マナーが記されているので是非読んでもらいたいと思います。

“良いプレーは良いマナーから”

コース内の全てのゴルファーが気持ち良くプレー出来るように配慮するべきですからマナーはしっかりと覚えて楽しんでください!!

[お知らせ]

毎週火曜日に連載しているレッスンコラムは

“日刊ゲンダイ”

アマチュアゴルファーに是非真似してもらいたい、様々なプロゴルファーの打つ前の動作を紹介している

“これならできる・トッププロの理想ルーティン”

これは一流プロゴルファーの打つ前の一連の動作や仕草等、毎ショット同じ動作を繰り返す事で毎回ナイスショットを打つ為のコツを紹介するコーナーです。

この打つ前の動きを“ルーティン”と呼びますが、アマチュアゴルファーの方々には特に効果の高いものばかりを集めています。

“真似をするだけでもショットの成功確率が上がり、落ち着いてプレー出来る”

これからも国内外の多くの男女のプロゴルファーを(話題の選手以外にも参考になるなら誰でも)毎週ピックアップしていきますので是非ご覧ください!!

カテゴリー: マナー